固定額を知っておこう

マイカーを一度買ったら次の年には新しい自動車に買えるという方はまずいないと思いますが、何年も同じ自動車に乗り続けるためには常にその維持費を支払い続けなければなりません。維持費にはガソリン代や洗車費用など上げればキリが無いくらい様々な出費が必要になりますが、中でも特に気をつけなければならないのが車検費用に必要な費用です。車検に必要な費用は車検を実際に行う業者に支払う分と各種手数料を国に支払う分があります。基本的には車検に支払う費用は業者自体で大きく変動しますが、国に支払う額は自動車の種類に限らず必ず固定額が必要です。
車検の費用は様々な要因で変動しますが、車検用の費用のうち国に支払う事になる手数料は料金が変わりません。基本的には「自動車検査登録印紙」に400円と「自動車審査証紙」の1,400円の双方を支払う必要があるので、双方合わせて1,800円ほど別口で必要になるはずです。車検に掛かる分費用の内訳からしても非常に少ない額ですが、この額を支払うかどうかで車検をクリアできるかどうかが変わってくるのでそのあたりにも注目して料金不足などに陥らないように注意しましょう。とはいってもそれほど大きな額でもないので、あまり深く気にしなくても問題ないはずです。

コメントは受け付けていません。